【高校サッカー選手権県大会】八学野西、サイド攻撃徹底 兄弟校対決制す

八学野西が延長までもつれ込んだ兄弟校との激闘を制した。相手の堅守に苦しみながらも、終始、サイド攻撃を徹底し、最後に均衡を破った。MF木村大輝主将は「両サイドを使って、相手守備を揺さぶったことが得点につながった」とホッとした様子だった。 延長.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録