国の地震予測、信頼性焦点 東電旧経営陣控訴審 民事訴訟で判断分かれる

 長期評価に対する主な司法判断
 長期評価に対する主な司法判断
福島第1原発事故を巡り、強制起訴された東京電力の旧経営陣3人の控訴審は、国が2002年に公表した地震予測「長期評価」の信頼性が焦点となる。これに基づき東電側は第1原発が津波で浸水し得ると試算したが、旧経営陣は「科学的根拠に乏しい」などと判断.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録