Free工場景観の魅力存分に 八戸工場大学パネル展、青銀八戸支店で

八戸市内の工場を多様な視点で捉えた作品が並ぶパネル展
八戸市内の工場を多様な視点で捉えた作品が並ぶパネル展

青森銀行八戸支店兼三日町支店(高橋勇人支店長)1、3階展示スペースで2日、「八戸工場大学特別パネル展」が始まった。来店者が八戸市内の工場を多様な視点で捉えた作品に見入っている。12月30日まで。

 市の魅力の一つである工場地帯の景観を多くの人に知ってもらおうと、市美術館のオープンに合わせ、同店が主催した。

 工場とアートを組み合わせた魅力を発信する市の取り組み「八戸工場大学」に参加した市民らの写真27点が並ぶ。同行イメージキャラクター「aomo」が工場を解説するパネルも展示している。

 同店の沼岡祐美子営業第一部長は「八戸にしかない工場景観の魅力を楽しめるので、ぜひ足を運んでほしい」と話している。

 入場無料。時間は午前9時~午後6時(入場は同5時半まで)。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録