劇団わらび座が民事再生 秋田、コロナで経営悪化

 秋田市で記者会見する「わらび座」の山川龍巳社長=2日午後
 秋田市で記者会見する「わらび座」の山川龍巳社長=2日午後
秋田を拠点に劇団事業を展開する「わらび座」(仙北市)は2日、民事再生法の適用を秋田地裁に申請し、再生手続きの開始決定を受けたと発表した。新型コロナウイルスの影響で公演中止が相次ぎ、経営が悪化していた。営業は続け、事業は新たに設立した一般社団.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録