Free響く感謝と鎮魂の歌 八戸で「なかじまみか楽団」コンサート

歌と語りで聴衆を魅了した中島美華さん
歌と語りで聴衆を魅了した中島美華さん

歌手やリポーターなどで活躍する八戸市の中島美華さんと、市内在住の有志らで構成する「なかじまみか楽団」のコンサート「かたりうた」が10月26日、八戸市公会堂で開かれた。東日本大震災による青森県の被害を語り継ぐため、2012年から毎年行われてきたコンサートも、10回目の今回で一区切り。中島さんは今後も被災地へ思いを寄せ続けることを誓い、感謝と鎮魂の歌声を響かせた。

 コンサートでは、8月に発売されたミニアルバム「ことのはね3」の収録曲でもある「涙」「環―meguru―」など8曲を歌い上げた。

 歌の合間には、中島さんが毎年3月11日に同市の蕪島で市民らと黙とうし、3・11について語り合った話を披露。「誰かが『私は死ぬまでここに来て追悼する』と言ったら、他の人が『いや、死んでもここに来る』と返した。そんな強い思いが、私の中に根付いている」と話した。

 昼夜2公演に計310人が来場し、中島さんの伸びやかな歌声に、惜しみない拍手を送った。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録