サバ、マイワシ計2000トン超 八戸港、大漁で活況

八戸港でのサバの水揚げ。脂の乗りは上向いているという=1日、八戸市第1魚市場
八戸港でのサバの水揚げ。脂の乗りは上向いているという=1日、八戸市第1魚市場
八戸港で1日、大中型巻き網船団の運搬船17隻が、三沢沖付近で漁獲したサバと北海道東から搬入したマイワシの計2105トンを水揚げした。船団の2千トン超えは今季初で、ハマは活況を呈した。サバは脂の乗りが上向きで、今後は八戸拠点の操業が増えるとみ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録