【衆院選】64選挙区で1万票差未満 野党一本化、効果と課題

 衆院選の主な接戦区
 衆院選の主な接戦区
衆院選は1日未明に289小選挙区の当選者が確定し、2割超の64選挙区で当選者と次点の差が1万票未満の激しい接戦となった。立憲民主など5野党の一本化候補と、与党系候補が対決した213選挙区の行方が最大の注目点で、与党系139勝に対し5野党は5.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録