【衆院選】「要石」失い首相痛手 立民動揺、枝野氏へ不満

 自民、立民両党の大物・要職経験者の落選、敗北
 自民、立民両党の大物・要職経験者の落選、敗北
衆院選で政権継続を決めた岸田文雄首相(自民党総裁)にとって、小選挙区で敗れた甘利明幹事長の辞任意向は痛手となった。「岸田カラー」の経済政策推進など政権運営の「要石」と位置付ける存在だったためだ。茂木敏充外相を後任に据え立て直しを急ぐが、求心.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録