【コロナワクチン】モデルナ製6610回分を廃棄 青森県、保管過程で不備

青森県は1日、県が運営する新型コロナウイルスワクチンの広域接種弘前会場(弘前市)で、モデルナ製ワクチン661バイアル(6610回分)を廃棄することになったと発表した。ワクチンを保管する冷蔵庫の異常で使用不能となったため。 同会場では10月3.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録