兼六園「雪づり」始まる 円すい状の縄、冬の訪れ

 金沢市の兼六園で始まった「雪づり」の作業=1日午前
 金沢市の兼六園で始まった「雪づり」の作業=1日午前
日本三名園の一つ、兼六園(金沢市)で1日、北陸に冬の訪れを告げる「雪づり」の作業が始まった。湿った雪の重みから木を守るため枝に縄を張る。円すい状に広がる縄で覆われた木々の姿は、冬の兼六園を代表する光景となっている。 高さ約10メートル、幅約.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録