【秋季高校野球東北】東義、コールド発進 序盤一気に攻勢

【東義-大曲工業】1回東義2死満塁、後藤天満が右越に適時三塁打を放ち、4-0とする=20日、仙台市民球場
【東義-大曲工業】1回東義2死満塁、後藤天満が右越に適時三塁打を放ち、4-0とする=20日、仙台市民球場
東義が初回の攻防を制し、一気に波に乗った。守備では1死一、三塁のピンチをしっかり抑え、攻撃では2死走者なしから四球と長短4安打で一挙4点を先制。二回には制球の乱れに乗じて5点を追加した。工藤秀樹監督は「守備からリズムを作る理想的な野球ができ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録