松坂投手、強烈な輝きで一時代 限界突破挑み故障と闘う

 引退試合前の記者会見で涙ぐむプロ野球西武の松坂大輔投手=19日、埼玉県所沢市
 引退試合前の記者会見で涙ぐむプロ野球西武の松坂大輔投手=19日、埼玉県所沢市
米大リーグ、レッドソックスに移籍したばかりの頃に松坂大輔投手が「こっちはリトルリーグでも球数制限があるんですよ」とつぶやいたことがある。夏の甲子園大会で神奈川・横浜高のエースとして準々決勝で延長十七回を250球で投げ切り、決勝でノーヒットノ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録