時評(10月15日)

岸田文雄首相が衆院解散に踏み切り、31日の投開票に向け事実上の選挙戦に入った。前回選挙から4年弱、任期満了選挙も可能だったが、新内閣発足からわずか10日後の解散。間を置かない方が与党に有利と判断した面は否定し難い。 今回の最大の争点は新型コ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録