【解説】閉塞感打破の機会に 衆院選、問われる「安倍・菅」政治

衆院が解散された。岸田文雄首相が就任して10日後である。首相としての実績がない中、衆院選は「未来選択選挙」と言われても、何をどう判断していいのか、有権者も戸惑うのが正直なところではないか。新型コロナウイルス対策や経済再生、激変する国際情勢へ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録