思い出のプラタナス伐採へ 八戸市公会堂敷地内 樹齢100年以上、倒木の恐れ

倒木の恐れがあるとして伐採されるプラタナス=14日、八戸市内丸1丁目
倒木の恐れがあるとして伐採されるプラタナス=14日、八戸市内丸1丁目
八戸市内丸1丁目の市公会堂・公民館敷地内にあるプラタナス1本が老朽化により、倒木の恐れがあることが14日、市への取材で分かった。樹齢100年以上とされ、市は「樹木医から治療が難しいとの診断を受けた」として伐採を決定。現地は市立八戸小の旧校舎.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録