【衆院選】県政界、変動起きるか 大島氏引退後、初の決戦

衆院が14日に解散し、臨戦態勢に入っていた青森県内の各陣営は、衆院選に向け本格始動した。解散から投開票まで17日間しかない異例の短期決戦で、青森1~3区には計8人が出馬を予定。連続12選を誇る自民党の重鎮・大島理森氏(2区)が引退して迎える.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録