軽米小児童、実りの喜び体感 エゴマやタカキビ収穫 

刈り取ったエゴマを協力しながら束ねる5年生の児童
刈り取ったエゴマを協力しながら束ねる5年生の児童
軽米町立軽米小(川村憲弘校長)の児童が7日、学校近くの農家の畑で育ててきたエゴマなどの収穫作業を体験した。町特産の雑穀に肌で触れながら、秋の実りの喜びを体感した。 5年生36人が参加。6月に苗を植え、水やりをしたエゴマは、大きく丈夫に育った.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録