危険な場所はどこ? 田面木小児童、学区内巡り防犯マップ作成

田面木地区を探検し、危険箇所を探す児童ら
田面木地区を探検し、危険箇所を探す児童ら
八戸市立田面木小(高山一雄校長)の5年生33人が7日、地区の防犯マップを作成するため、学区内を探検した。田面木地区防犯協会(田中俊夫会長)の会員ら約15人の引率で、なじみの風景に隠れた危険な場所を確認した。 同校では毎年、5年生が総合学習で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録