時評(10月14日)

インターネット上での誹謗(ひぼう)中傷に対応するため、刑法の侮辱罪を厳罰化する議論が法制審議会で進んでいる。根拠なく私的個人を攻撃する書き込みは「表現の自由」とは別物だ。「野放し」に近いネットの現状を考えれば必要だ。 一方、事実や一定の根拠.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録