作付面積過去最低に 青森県内21年産主食用米 飼料用米などに転換進む

 青森県の2021年産主食用米作付状況
 青森県の2021年産主食用米作付状況
農林水産省東北農政局は12日、青森県の2021年産主食用米の作付面積が3万4200ヘクタール(前年産比4100ヘクタール減)、予想収穫量が21万1千トン(2万9500トン減)で、いずれも過去最低になったと発表した。新型コロナウイルスの影響に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録