【衆院選】共産、青森3区候補擁立見送り 立民・山内氏の支援はせず

19日公示の衆院選について、共産党青森県委員会(畑中孝之委員長)は12日、青森3区の候補者擁立を見送ることを決めた。自民現職の木村次郎氏(53)と、立憲民主党県連共同代表の新人山内崇氏(66)の一騎打ちの構図が固まった。一方、山内氏と事前に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録