幼児の付き添い入院、病棟缶詰めも 家族にしわ寄せ、課題山積

 大阪府内の病院の小児病棟。新型コロナウイルスの感染状況に応じ「付き添い入院」の運用を変えているという=9月(関係者提供)
 大阪府内の病院の小児病棟。新型コロナウイルスの感染状況に応じ「付き添い入院」の運用を変えているという=9月(関係者提供)
幼い子どもの入院に付き添う保護者に、新型コロナウイルス禍が重くのしかかっている。感染対策のため付き添いの交代や外出ができず、1年間も病棟に缶詰めとなった親も。心身への悪影響だけでなく、自宅に残る家族にもしわ寄せが及ぶ。コロナが収束しても、付.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録