120人超犠牲、継承誓い 台風19号2年 続く仮住まい、再建途上

 宮城県丸森町の仮設住宅。台風被害から2年となった現在も被災者は仮住まいを強いられている=12日午前
 宮城県丸森町の仮設住宅。台風被害から2年となった現在も被災者は仮住まいを強いられている=12日午前
記録的な豪雨で13都県の120人超が犠牲となった2019年の台風19号(東日本台風)は12日、上陸から2年を迎えた。宮城県丸森町では犠牲者の追悼式が開かれ、遺族らは「忘れずに語るのが残された者の使命」と教訓の継承を誓った。各被災地の計5千人.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録