天鐘(10月12日)

落語の古今亭志ん生は高座で居眠りをしたことがある。客席から文句の一つも出るところだが、「いいよ、寝かせておけ」の声。お客は、天下の名人がそこにいるだけでよかった▼同じく、とぼけた味が魅力だった。ただし破天荒の志ん生に対し、こちらは由緒正しき.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録