ホタテの内臓、餌に活用/北海道の研究機関

 ホタテのウロから製造したエキスを見せる三坂尚行さん=北海道室蘭市
 ホタテのウロから製造したエキスを見せる三坂尚行さん=北海道室蘭市
ホタテの水揚げ量日本一の北海道で、これまで有害物質を含むため多額の費用をかけ廃棄されてきたホタテの内臓(ウロ)からうま味成分が豊富なエキスを製造し、餌に混ぜて魚を育てる研究が進んでいる。餌を食べた魚は短期間で大きく成長、おいしさの要となるア.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録