分断懸念、議論高まらず 核ごみで対立、寿都町長選

 北海道寿都町の街並み=4日
 北海道寿都町の街並み=4日
原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定を巡り、第1段階の文献調査が進む北海道寿都(すっつ)町で、任期満了に伴う町長選が21日に告示される。推進派で6選を目指す片岡春雄町長(72)と、反対を掲げる元町議の越前谷由樹氏(69)が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録