【衆院選】立・共の競合解消、足踏み れいわ土壇場参入で複雑化

 野党の候補者調整を巡る関係
 野党の候補者調整を巡る関係
次期衆院選を巡り、立憲民主、共産両党による小選挙区候補の競合解消が土壇場で足踏みしている。8日までに結論が出るとされていたが、次週に先送りした。最大の混乱要因は9月の最終段階で選挙協力の枠組みに入ったれいわ新選組。山本太郎代表が両党候補のい.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録