表現の自由「絶滅の危機」 報道弾圧強化に警鐘/ノーベル委員長が単独会見

 取材に応じるノーベル賞委員会のレイスアンデルセン委員長=8日、オスロ(共同)
 取材に応じるノーベル賞委員会のレイスアンデルセン委員長=8日、オスロ(共同)
【オスロ共同】ノルウェーのノーベル賞委員会のレイスアンデルセン委員長は8日、ロシアとフィリピンで強権政治と対峙するジャーナリスト2人に平和賞の授与を決めたのは、世界各地で報道機関への弾圧が強まり「表現の自由は今や絶滅危惧種となった」危機感が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録