交代遅れ、2敗目に直結 決断鈍かった森保監督 サッカーW杯最終予選

 日本―サウジアラビア 後半、指示を出す森保監督=ジッダ(共同)
 日本―サウジアラビア 後半、指示を出す森保監督=ジッダ(共同)
森保監督の決断の鈍さが痛恨の2敗目につながった。後半26分、柴崎の不用意なバックパスをさらわれて失点。前半からミスが目立ったパサーはその直後に交代となったが、結果的には遅きに失した。 この場面について監督は「疲労が見えてきたので、交代をしよ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録