被告にGPS装着 保釈の増加、見通せず 「人質司法」解消遠く

 法制審要綱案のGPS制度のイメージ
 法制審要綱案のGPS制度のイメージ
保釈される刑事被告人の逃亡を防止する制度案が法制審議会の部会で8日、まとまった。注目は海外で保釈時に幅広く活用されている衛星利用測位システム(GPS)端末。ただ、2019年の日産自動車元会長カルロス・ゴーン被告らの逃亡を念頭に議論し、装着命.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録