【貨物船座礁】遠のく漁再開 漁業者は長期化に戸惑い

砂浜に浮き出た油=5日、八戸市の市川漁港付近(市川漁協提供)
砂浜に浮き出た油=5日、八戸市の市川漁港付近(市川漁協提供)
八戸港沖の貨物船座礁事故を巡り8日、現場海域の原状回復は2023年8月との見通しが船主側から示された。海域付近では事故処理が終わるまで、漁を見合わせる漁協もあり、スケジュール通りなら事故発生から2年間、休漁に追い込まれる可能性もある。例年1.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録