Free人間健康学科の定員20人増 八学大、22年度入試から

人間健康学科の収容定員増加について説明する水野眞佐夫学長(右)
人間健康学科の収容定員増加について説明する水野眞佐夫学長(右)

八戸学院大は8日、健康医療学部人間健康学科の学則を変更し、2022年度入試から入学定員を20人増の100人とすると発表した。8月末に文部科学省に認可された。今回の認可を契機に、同学科への26年度ごろの大学院設置に向け、検討を進めていくことも明らかにした。

 人間健康学科では、養護教諭や保健体育教諭などの資格を取得可能。心身の健康に関するカリキュラムが多数あり、運動部の学生の多くも同科で学んでいる。

 同大によると、ここ数年は志願者数、入学者数共に定員を上回っている。今年6月には、県内外の高校76校、企業1190件に需要アンケートを実施してニーズを把握した上で、結果と共に文科省へ定員増を申請、認可された。

 8日は水野眞佐夫学長が会見し、「健康についての学びに興味を持つ、志の高い学生が多く集まるようになった。地域の健康増進、活性化にも寄与できる」と定員増の意義を強調した。

 また、今後は大学院設置に向け、準備を進める方針も明言。「どのような専門性を持った課程を設定したらいいのか、教職員と知恵を絞る。4年後の設置を目安としたい」と展望を述べた。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録