敵地の重圧、ミスで黒星 柴崎もぼうぜん/サッカーW杯最終予選

 サウジアラビア戦の後半、自身のバックパスからゴールを許し、ぼうぜんとする柴崎(右)=ジッダ(共同)
 サウジアラビア戦の後半、自身のバックパスからゴールを許し、ぼうぜんとする柴崎(右)=ジッダ(共同)
5万人以上のサポーターで埋まったスタジアムには手拍子と大歓声が響き続けた。「完全アウェー」の雰囲気が、日本に重圧となってのしかかった。森保監督は「ぎりぎりの戦いで、ミスを突くのか、突かれるのかというところだった」。ミスを突かれたのは日本だっ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録