ロ極東で赤潮、猛暑原因か 温暖化影響と専門家

 ロシア極東ウラジオストクのアムール湾。左奥は市街部=5日(共同)
 ロシア極東ウラジオストクのアムール湾。左奥は市街部=5日(共同)
【ウラジオストク共同】ロシア極東ウラジオストクのアムール湾で9月下旬、大規模な赤潮が発生した。貝毒の原因となるプランクトン「アレキサンドリウム」の濃度が観測史上最高となり、湾が褐色に。同時期に北海道でも赤潮が発生しており、専門家は夏の猛暑に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録