時評(10月8日)

中国の不動産大手、中国恒大集団の経営危機をきっかけにして、9月下旬にかけて世界の株価が急落、「中国発の金融危機」のリスクが高まった。 30兆円を超す負債を抱えている恒大は、当面の社債の利払いができたことから最悪の事態は回避できたが、9月末が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録