焼き打ち後も同規模で再建 奈良・興福寺東金堂、門や回廊跡

 奈良・興福寺の発掘現場=6日午前
 奈良・興福寺の発掘現場=6日午前
世界遺産・興福寺(奈良市)の国宝・東金堂の門や回廊の跡が出土し、1180年の平家による「南都焼き打ち」後も同規模で再建されていたことが分かった。奈良文化財研究所(奈文研)が6日、発表した。東金堂は726年創建されたが、たびたび火災に遭い、現.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録