複雑な自然の「本質」追究 ノーベル物理学賞の真鍋さん

 米海洋大気局の研究者(右)と議論する真鍋淑郎さん(同局提供)
 米海洋大気局の研究者(右)と議論する真鍋淑郎さん(同局提供)
【プリンストン(米ニュージャージー州)共同】地球温暖化を巡り国連は8月、二酸化炭素(CO2)濃度と気温上昇の関係を精緻に示した最新報告書を公表した。使われた予測手法をさかのぼると、ノーベル物理学賞に決まった米プリンストン大上席研究員の真鍋淑.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録