時評(10月7日)

温暖化による気候変動は21世紀の地球に差し迫る課題である。その予測をコンピューターのモデル計算で半世紀以上前から示してきた気象学者の真鍋淑郎・米プリンストン大上席研究員らが今年のノーベル物理学賞に決まった。先駆的業績をたたえる意義深い選考と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録