Freeアーツ・トワダ記念展第2期始まる 市現代美術館などで魅力発信

「インター+プレイ」展第2期で展示されるトマス・サラセーノさんの作品
「インター+プレイ」展第2期で展示されるトマス・サラセーノさんの作品

十和田市のアートによる街づくりプロジェクト「アーツ・トワダ」の10周年を記念した企画展「インター+プレイ」展の第2期が1日から、市現代美術館などで開かれており、アートの多様な面白さを発信している。2022年1月10日まで。

 アーツ・トワダは08年開館の同館を中心に街全体を美術館に見立てる取り組みで、10年4月にグランドオープンした。インター+プレイ展は20年7月に第1期がスタート。新型コロナウイルスの影響で会期の変更が相次いだが、22年5月まで3期に分けて開催する。

 新型コロナによる青森県の緊急対策パッケージにより、同館も9月は休館。第2期は9月18日に開幕予定だったが、10月1日から対策が解除されたことを受けて開催した。

 第2期の企画展示作品は3アーティストによる計32点で、9月30日はプレス内覧会が行われた。

 館内では三つの企画展示室を使い、バルーンとクモをモチーフにしたアルゼンチン人作家トマス・サラセーノさんの作品を展示。同館の常設展示作家の一人で、今回展示する作品も関連性があるといい、鷲田めるろ館長は「相互作用(インタープレイ)を強く意識した」などと解説した。

 また、近くの元スナック店舗を改修した、まちなか展示の作品もリニューアルした。期間中はパフォーマンスイベントや学芸員によるギャラリートークも予定され、アート熱を盛り上げる。

 開館時間は午前9時~午後5時。月曜休館。企画展示室の観覧は800円(税込み)、高校生以下無料。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録