山菜採り遭難13件、過去20年で最少 青森県内4~8月

今年4~8月の山菜採りによる青森県内の遭難発生件数は13件で、過去20年間で最少となったことが5日、県のまとめで分かった。遭難者数は15人で過去2番目に少なかった。死者は3人。キノコ採りシーズンである10月は発生件数が増加する傾向にあり、県.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録