サイクル政策、不安定さ露呈 青森県議、国策堅持の再確認求める声

(上から時計回りに)核燃料サイクル政策の中核を担う六ケ所村の再処理工場、経産相との会談で国の姿勢を確認する三村申吾知事、サイクル協議会後の会見に臨む三村知事=写真はコラージュ
(上から時計回りに)核燃料サイクル政策の中核を担う六ケ所村の再処理工場、経産相との会談で国の姿勢を確認する三村申吾知事、サイクル協議会後の会見に臨む三村知事=写真はコラージュ
自民党総裁選で議論された核燃料サイクル政策は、維持を主張した岸田文雄氏の首相就任で見直し論が打ち消された。だが、結果次第では転換に傾いた可能性があり、国策の不安定さが改めて浮き彫りになった。青森県が主張する「確固たる国家戦略」が危機に直面し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録