【衆院選】「超短期決戦」に3新人、浸透急ぐ 知名度不足も課題に/青森2区

衆院選日程が固まり、新人3人が争う青森2区は事実上の選挙戦に突入している。企業回りを終え事務所に戻る神田潤一氏(左)、街頭演説する高畑紀子氏(中央)と田端深雪氏=5日
衆院選日程が固まり、新人3人が争う青森2区は事実上の選挙戦に突入している。企業回りを終え事務所に戻る神田潤一氏(左)、街頭演説する高畑紀子氏(中央)と田端深雪氏=5日
衆院選日程が19日公示、31日投開票に固まり、新人3人が出馬する青森2区は衆院解散を待たずに事実上の選挙戦に突入している。投開票日まで既に1カ月を切る「超短期決戦」の中、自民党の神田潤一氏(51)、立憲民主党の高畑紀子氏(58)、共産党の田.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録