元市議会議長、二審も有罪

虚偽の領収書を作成し、架空の印刷費を計上して政務活動費をだまし取ったとして詐欺罪に問われた富山市議会元議長の男(60)の控訴審判決で、名古屋高裁金沢支部は5日、懲役1年、執行猶予4年とした一審富山地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録