破綻直前に6億円融資契約 SFCG元社長の法人、管財人は把握せず

 SFCG破綻直前の海外法人の動き
 SFCG破綻直前の海外法人の動き
2009年2月に経営破綻した商工ローン大手、SFCG(旧商工ファンド)の創業者で元社長の大島健伸氏が、破綻直前の同年1月にタックスヘイブン(租税回避地)のパナマに法人を設立し、大島氏の親族が所有者とみられる別の回避地の法人から6億円を借りる.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録