農業の支援AI、大幅値下げ ソフトバンク、幅広い普及目指す

 ソフトバンクが刷新した「e―kakashi」で、データを収集する機器
 ソフトバンクが刷新した「e―kakashi」で、データを収集する機器
ソフトバンクは4日、農地の日射量などのデータをセンサーで収集し、人工知能(AI)で分析することで農作物の効率的な生産を支援するサービス「e―kakashi(イーカカシ)」を刷新すると発表した。機器の価格を10万9780円とし、従来の80万円.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録