重鎮や有力派閥の介入に苦悩/岸田内閣発足

 岸田内閣の顔触れ分析
 岸田内閣の顔触れ分析
岸田内閣の顔触れが決定した。岸田文雄首相は、独自色の発揮を狙った一方、安倍晋三元首相ら重鎮や有力派閥の介入を受けて苦悩した。衆院選を意識して「刷新感」を出そうと当選3回の若手や初入閣組を積極的に抜てきしたが、野党は「どんな政策や主張を持って.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録