ハチに刺されペンギン大量死 南アフリカ、絶滅危惧種

 南アフリカの沿岸部に生息するケープペンギン(南ア公園管理当局提供・共同)
 南アフリカの沿岸部に生息するケープペンギン(南ア公園管理当局提供・共同)
【ナイロビ共同】南アフリカの国立公園管理当局などは3日までに、南部ケープタウン近郊の沿岸部で絶滅危惧種のケープペンギン63羽が死んでいるのが見つかったと明らかにした。ミツバチに刺されたのが原因とみられるという。 死骸は9月17日に発見された.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録