【連載・大横綱 白鵬の記憶】(下)批判浴び、心に葛藤も

 名古屋場所千秋楽で照ノ富士を小手投げで退け、雄たけびを上げてガッツポーズの白鵬=7月、名古屋市のドルフィンズアリーナ
 名古屋場所千秋楽で照ノ富士を小手投げで退け、雄たけびを上げてガッツポーズの白鵬=7月、名古屋市のドルフィンズアリーナ
元白鵬は引退記者会見で稽古に明け暮れた下積み時代を「褒めてもらいたい一心でやっていた」と回想した。大横綱になっても周囲に認めてもらうことを常に欲し、優勝45回や通算1187勝など多くの史上最多記録を樹立。ただ、その気持ちが白星へのこだわりを.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録