時評(10月4日)

事実上の次期首相を決める自民党総裁選は、岸田文雄前政調会長が河野太郎行政改革担当相ら3氏を破った。とはいえ内輪の主導権争いに行き着いた側面が強く、真に国民の審判を仰ぐ「本番」はこれからだ。内外に課題は山積している。野党と対峙(たいじ)する衆.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録