ロシアが日本海で射撃訓練 海保、船舶に注意呼び掛け

石川県能登半島沖の日本海で、ロシアが4日から9日にかけてミサイル射撃訓練を予定していることが3日、海上保安庁への取材で分かった。訓練海域は公海だが日本の排他的経済水域(EEZ)が含まれており、海保が付近を航行する船舶に注意するよう呼び掛けて.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録